マットーネラージウォレット 使用1年半

さらに年をとり、1歳半になりました マットーネラージウォレット ブランデー色

マットーネラージウォレットを購入して1年半が過ぎました。

 

この辺りでまたこの革財布がどのようになっているのかを1年後の変化に続き
書いていこうかと思います。

 

 

まず、マットーネラージウォレット ブランデー色の全体画像です。

 


ちょっと使っている感が出ているでしょ^^ 丸みを帯びてきたというか。
いつもはカバンに入れて持ち歩き、大事に使っています。

 

エイジング・経年変化という意味では、革の色合いや革の柔らかさというのが増しています。

 

 


もう1枚。

 

ちょっと小さなキズが光の当たり具合で見えます。これもマットーネの特徴かな。
ちょっと黒く見えるところは、汚れかもしれません。

 

正直、メンテナンスはほとんどしていないので・・・しっかりお手入れしてあげると、こういった黒い部分や
色合いっていうのは、もっと明るくなるかもしれません。私、横着なので・・

 

 

 

 


そして、ファスナー部分も。

 

毎日開閉していますが、1年半経った今でも特にトラブルはありません。
スムーズに開け閉めできます。

 

 


そして、この画像ですが、比較的長く使っていると財布のこの青い線の部分が湾曲してきたように思えます。

 

でもこれは、人によって使い方や持ち運び方が違いますから、すべてのマットーネラージウォレットに起こるというわけではないような気がしますし、革が柔らかく馴染んできた証拠で、特にマイナス面だとは思っていません。これもマットーネの味。

 

 

1年半経ったわけですが、このマットーネの革の香りは、財布に鼻を近づけてみて匂ってみると、まだまだ健在です。
健在というか、これからずっと放ち続けてくれるような気がします。

 

高級デパートの革製品のお店の中に入ったときのような、革の香りがします。

 

 

 

というわけで、マットーネラージウォレット購入1年半後のレポでした。

 

ルーキーからベテランに育つまで、まだまだ使おうと思います。

 

 

次>>購入2年後の姿 マットーネ ラージウォレット

 

 

 

しかし、マットーネラージウォレットの再販ペースがやけに遅いような気がしますね。(2015年6月時点)

 

同シリーズのオーバーザウォレットや、マルチウォレットはポツポツ再販があるのですが、
どうなっているのでしょう・・一気に作って一気に再販ってことがあるのかな・・?

 

 

ココマイスターのラウンドジップを含む、長財布一覧